子供と作れる!マーボー豆腐の献立

マーボー豆腐 チンジャオロース にんじんと玉ねぎのスープ ごはんの献立です。
MENU

子供と作れる!マーボー豆腐の献立

マーボー豆腐
チンジャオロース
にんじんと玉ねぎのスープ
ごはん

 

作り方

夫が飲み会に行くので、夜ご飯は要らないと言います。そんな時は夫が嫌いなので、食卓に登らないマーボー豆腐を娘と作ることにしました。

 

「マーボー豆腐」
1.フライパンに油を敷き、豚ひき肉(150グラム)をぽろぽろになるまで炒めます。
2.味噌をボウルに入れてお湯で溶きます。
3.1のフライパンに2の味噌、だしのもと、さいの目切りにした豆腐(1丁)を入れてひと煮立ちさせます。
4.しょうゆ、酒、塩こしょうで味を付けて、5分ほど煮たら完成です。
あまり混ぜすぎないほうが良いです。娘が混ぜすぎたので、豆腐が崩れてしまいました。
娘が小さいので、辛くしませんでした。大人は食べる時にラー油をかけても良いです。
最後に水溶き片栗粉でとろみをつけても良いです。私はとろみが苦手なのでつけていません。

 

「チンジャオロース」
1.牛肉もしくは豚肉(200グラム)を細切りにします。
2.ピーマン(2個)はへたと種を取って、細切りにします。
3.タケノコの水煮(1パック)は湯通ししておきます。
4.フライパンに油を敷き、お肉を炒めます。くっつかないようにほぐします。
5.お肉が白っぽくなったら、ピーマンとタケノコを入れます。
6.酒、しょうゆ、塩コショウ、鶏がらスープ(顆粒)を入れて炒めます。
7.しゃきしゃきの歯ごたえが残る程度に炒めて完成です。
手早く炒めます。調味料はあらかじめ混ぜておいても良いでしょう。

 

「にんじんと玉ねぎのスープ」
1.にんじん(1本)と玉ねぎ(1個)を細切りにします。
2.お鍋に水を入れて、にんじんと玉ねぎを入れます。
3.アクをとりながら、にんじんがやわらかくなるまで煮ます。
4.コンソメ(顆粒)、塩コショウで味を付けます。5分くらい煮て完成です。

 

手順としてはスープを煮ている間に、チンジャオロースを炒め、最後にマーボー豆腐を作ると良いでしょう。子供ににんじんの皮をむかせました。ピーラーを使わせる時は左手に軍手をはめると手を切る心配がないです。

 

レシピの詳細・コツや感想

マーボー豆腐は味噌を使っているのがポイントです。信州味噌が良いと思います。市販のマーボー豆腐の元を使わなくても、美味しく作れます。豚肉は程よく脂身が混ざっているものが良いです。鶏肉で作るとさらにさっぱりした味になります。食べやすいので、離乳食にも良いです。
チンジャオロースは牛肉でも豚肉でも好きなお肉で良いです。タケノコの水煮を余らせてしまうよりは、チンジャオロースを多めに作って、春巻きの具にすると良いです。春巻きにする時は仕上げに水溶き片栗粉でとろみをつけると包みやすいです。
にんじんと玉ねぎのスープは簡単なのに栄養満点!他の料理との相性がいいので、どんなメニューにも合わせられます。
娘は自分が作ったのがうれしいらしく、完食していました。美味しかったです。

このページの先頭へ