美味しい献立聞いてみました!

主婦の毎日の悩みである「ご飯の献立」。当サイトでは、実際に作った献立を、いろんな方に聞いてまとめています。
MENU

美味しい献立聞いてみました!

主婦の毎日の悩みである「ご飯の献立」。当サイトでは、実際に作った献立を、いろんな方に聞いてまとめています。

子供が喜ぶ!時短そぼろ丼と季節の野菜づくしの献立

・そぼろ丼
・新鮮野菜サラダ
・カブの葉ともやしの味噌汁
・大根の葉の炒め物

 

作り方

「そぼろ丼」
<使った材料>
・ひき肉(今回は合挽き) 200グラムくらい(1パック)
・卵黄 人数分(卵白はお味噌汁に使います)
・ねぎ(散らす用)
・ごま油

 

—調味料—
・みそ 大さじ1
・料理酒 大さじ2
・みりん 大さじ2
・砂糖 小さじ1
・和風だしの素 小さじ1/2

 

<調理の工程>
1火をつける前のフライパンにひき肉と調味料全量を入れ、よく混ぜて味をなじませる。
(ボールで混ぜないことにより、洗い物の手間が減ります!)
2火をつけて、強火で全てに火が通るまでよく混ぜ、仕上げは水分を飛ばすようにする。(サラダ油はお好みで入れますが、肉から油が出るのでなくても大丈夫です。)
3仕上げにごま油をまわしかけてそぼろの完成。
4盛り付けは、丼にご飯を入れ、上に全体にそぼろを乗せ、卵黄を真ん中に置いて、ネギを散らす。

 

「新鮮野菜サラダ」
<使った材料>
・カブ 1本

 

—手作りドレッシング—
・塩 ひとつまみ
・砂糖 ひとつまみ
・お酢 大さじ1
・オリーブオイル 大さじ1

 

<調理の工程>
1カブはよく洗ってスライスします。
2葉は先の方をザク切りにします。
3旬のカブは甘みがあるのでそのままサラダにします。ドレッシングの材料によく和えて完成です。

 

「カブの葉ともやしの味噌汁」
<使った材料>
・サラダで余っているカブの葉の茎の部分
・もやし 一袋
・卵白(そぼろ丼で使わなかった卵)人数分
・お出汁 400cc(お好みで)
・味噌 大さじ1(お好みで)

 

<調理の工程>
1カブの葉の茎の部分は、1センチながらに切ります。
2もやしは洗って水切りします。
3卵白はよく溶いておきます。
4お出汁をとり、カブの葉の茎、もやしの順に入れ、煮えたらすぐに卵白をまわしかけて火を止めます。
5味噌を溶いて入れて、味見をして完成です。

 

「大根の葉の炒め物」
<使った材料>
・大根の葉の部分
・油揚げ
・だしの素粉末
・サラダ油
・ごま油

 

<調理の工程>
1大根の葉の部分は、2センチくらいに刻んでおきます。
2油揚げも同じくらいの大きさに切ります。
3フライパンにサラダ油をひき、大根の葉と油揚げを入れて、水分を飛ばすようによく炒めます。
4だしの素の粉末を入れて味付けをし、仕上げにごま油をまわしかけて完成です。

 

 

レシピの詳細・コツや感想

そぼろ丼は、フライパンで混ぜるので時短です!
ひき肉はどんな種類でも良いです。
肉っぽい硬い歯ごたえが欲しければ合挽きを。柔らかい食感であれば鶏肉を。元気をつけたいときは豚肉を・・など、その日に合わせて変えるとバリエーションが増えます!

 

季節の野菜は、余すところなく使い切るのがポイントです♪
また、同じ野菜を1つのメニューに使うことなく、別々のメニューでそれぞれの良さを出すように使います。
例えばカブは、白い部分と葉の部分では食感や甘みが楽しめますし、卵も卵黄と卵白を分けることによって見た目が豪華な食卓に仕上がります。
季節のものを美味しくいただける献立です!

このページの先頭へ